コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改革都市法 かいかくとしほうreformierten Stadtrecht

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

改革都市法
かいかくとしほう
reformierten Stadtrecht

15世紀以後のドイツのローマ法継受時代において当時の都市の法状態に適応するよう改革された都市法。都市法は全体としては実務上の必要から生じたゲルマン法的性格をもっていたが,15世紀に入り都市の経済的諸需要の向上および北部イタリアとの密接な商業交易の拡大,都市と司教との政治的対立,人文主義的な都市貴族の出現などが契機となって,都市法のローマ法化的な改変が頻繁に行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

改革都市法の関連キーワード改革法典

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android