コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

攻撃空母 こうげきくうぼattack carrier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

攻撃空母
こうげきくうぼ
attack carrier

第2次世界大戦以後,戦艦に代る主力艦になった航空母艦 (空母) のうち,搭載する戦闘爆撃機攻撃機によって敵艦隊あるいは地上目標に攻撃を加えることを任務とする攻撃用の空母。略号 CVA。対潜支援空母 CVS,軽空母 CVL,護衛空母 CVEなどのように補助的役割や,艦隊あるいは輸送船団の護衛をおもな任務とするものと相違する。搭載機種は戦闘機,攻撃機,電子戦機,早期警戒機,対潜哨戒機ヘリコプタなど多種にわたり,合計 70~90機に上る。大戦末期に出現したアメリカ海軍のミッドウェー (5万 1000t) 級がその最初 (1992年退役) 。今日最大のものはアメリカのニミッツ級原子力空母 CVAN (満載排水量約9万t) であるが,アメリカは空母の種別を廃止した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

攻撃空母の関連キーワードフランクリン・D・ルーズベルトジョン・F・ケネディーコーラル・シー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android