放物面鏡・抛物面鏡(読み)ほうぶつめんきょう

  • ほうぶつめんきょう ハウブツメンキャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 凹面鏡の一種で、その軸を含む平面で切った切り口が放物線であるもの。その焦点に光源をおくと、この鏡で反射した光は完全な平行光線になり、光軸に平行に平行光線を入射させると、反射光線は焦点に集まる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android