政策協調(読み)せいさくきょうちょう(英語表記)policy coordination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際協調観点から経済政策などを調整しようとする動き。世界経済が相互依存の度合いを強め,ボーダーレス化が進むにつれて各国の経済政策相互に影響を及ぼす度合いも強まっている(→グローバル化)。ただし,政策の運営自体は各国の主権であるため強制的な調整は難しい。具体的には主要国首脳会議サミット),経済協力開発機構 OECD先進7ヵ国財務大臣・中央銀行総裁会議 G7,20ヵ国・地域首脳会議 G20などの場で政策当局が意見を交換し,合意形成がはかられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政策協調の関連情報