コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

故国原王 ここくげんおう Kogukwŏn‐wang

1件 の用語解説(故国原王の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ここくげんおう【故国原王 Kogukwŏn‐wang】

?‐371
朝鮮,高句麗の第16代の王。在位331‐371年。美川王の子で,国岡上王ともいう。燕の慕容皝の侵入をうけ,342年王母を質に取られ,また父王の墓もあばかれたが,翌年に弟を送って燕に臣下の礼をとり,父王のしかばねをとりもどした。その後,燕をおそれて朝鮮半島に南進策をとった。371年百済の近肖古王と衝突し,流矢に当たって戦死した。王は都の国内城に近い故国原に葬られたという。【浜田 耕策】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の故国原王の言及

【高句麗】より

…これらの亡命者は高句麗に新しい文化をもたらし,国政をととのえ,軍備を拡張し,複雑な国際環境の中で,積極的に外交をすすめた。339,342年の再度にわたって慕容皝の前燕は高句麗を侵略し,故国原王は戦いに敗れ,単身東方に逃亡した。前燕は高句麗が大敗してもすぐ再起するのを恐れ,王母,王妃だけでなく,先王のしかばねまでもち帰った。…

※「故国原王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

故国原王の関連キーワード高句麗高麗三国遺事三国史記新羅高句麗もくり遁げる蒙古高句麗美女媛道顕(1)高句麗古墳群

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone