コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慕容皝 ぼようこう Mù róng Huàng

1件 の用語解説(慕容皝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼようこう【慕容皝 Mù róng Huàng】

297‐348
中国,五胡の鮮卑族慕容部の族長。慕容廆(かい)の第3子。字は元真。慕容廆の死後,弟慕容仁らとの間に勢力争いを生じたが,これらを応援する鮮卑族の宇文,段2部を討平し,また高句麗の首都丸都を攻略して高句麗を屈服させた。一方,後趙に圧迫を加え,東晋に要求して燕王の称号を得た。341年首都を棘城(きよくじよう)(遼寧省錦州)から竜城(同朝陽)にうつし,征服・帰付の諸民族を集住させて国力充実を図り,儒学,仏教にも深い理解を示し,みずからも著述を行うなど,中原国家への道を指導した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慕容皝の関連キーワード後燕西燕西秦前燕鮮卑南燕南涼五胡慕容

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone