コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敏感関係妄想 びんかんかんけいもうそうsensitiver Beziehungswahn[ドイツ]

1件 の用語解説(敏感関係妄想の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

びんかんかんけいもうそう【敏感関係妄想 sensitiver Beziehungswahn[ドイツ]】

ドイツの精神医学者クレッチマーが創唱した精神疾患群。ガウプの影響をうけて1918年に発表した教授資格論文の題名ともなっている。敏感性格(控えめ,内気で対人関係に過敏な性格)という特定の人格構造を前提に,特定の対人的・対社会的な葛藤状況の下で出現し,関係妄想被害妄想などを抱き,精神分裂症の妄想型やパラノイアと区別されがたい病像を示すとされる。クレッチマーはこの論文で人格構造と精神病を誘発する体験との間には内的関連があり,この関連から妄想が内容的にも形式的にも体験と人格構造から導出され,人格,体験,精神病が一つの完結した全体を作ることなどを明らかにしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone