救命浮環(読み)キュウメイフカン

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅうめい‐ふかん キウメイフクヮン【救命浮環】

〘名〙 舶の遭難などで、水中に落ちた者が、これにつかまって溺れるのを防ぐ救命具。コルク、カポック、バルサなどを防水布でくるみ、環状に作ったもの。救命浮標救命袋。〔逓信省令第八八号‐明治三三年(1900)一二月二八日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の救命浮環の言及

【ブイ】より

…水面上に浮かんで位置を標示する浮体をいい,標示内容や方法に応じて浮標,浮環,浮具などとも呼ばれる。ブイには航路標識の浮標や係船浮標のように係留されるものと,救命浮環のように係留されないものとがある。航路標識の浮標は航路や暗礁などを示すもので,その存在とともに種別を明確に示す必要があるため,塗色や形状が浮標式により定められている。…

※「救命浮環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android