救命浮環(読み)きゅうめいふかん

  • きゅうめいふかん キウメイフクヮン
  • きゅうめいふかん〔キウメイフクワン〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 船舶の遭難などで、水中に落ちた者が、これにつかまって溺れるのを防ぐ救命具。コルク、カポック、バルサなどを防水布でくるみ、環状に作ったもの。救命浮標。救命袋。〔逓信省令第八八号‐明治三三年(1900)一二月二八日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の救命浮環の言及

【ブイ】より

…水面上に浮かんで位置を標示する浮体をいい,標示内容や方法に応じて浮標,浮環,浮具などとも呼ばれる。ブイには航路標識の浮標や係船浮標のように係留されるものと,救命浮環のように係留されないものとがある。航路標識の浮標は航路や暗礁などを示すもので,その存在とともに種別を明確に示す必要があるため,塗色や形状が浮標式により定められている。…

※「救命浮環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android