救命胴衣(読み)キュウメイドウイ

百科事典マイペディアの解説

救命胴衣【きゅうめいどうい】

ライフジャケットとも。コルクカポックなどの浮力材を入れたり,または簡単にガスで膨張するようにした,布またはゴム製の胴衣。船,航空機に最大積載人員以上の数が常備され,遭難時に脱出および海面浮遊を容易にする。→救命設備

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうめいどうい【救命胴衣】

船舶が遭難した時など、おぼれないように身につける救命具。カポックやコルクで作り、意識を失っても頭を出して浮いていられ、泳ぐにも都合のよい形になっている。ライフ-ジャケット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の救命胴衣の言及

【救命具】より

…救命具には個人用のものと集団用のものとがある。個人用救命具には,救命胴衣,救命用浮袋,航空機脱出用パラシュート,酸素吸入器などがある。集団用救命具として,救命ボート,救命いかだ,はしご車,救命用ネットなどがある。…

【救命設備】より


[船の救命設備]
 船の救命設備は,救命器具,信号装置および進水装置の3種類に大別される。このうち救命器具が人命を守る基本的な道具であり,これには集団で使用する救命艇や救命いかだなどと,個人ごとに使用する救命胴衣などとがある。救命胴衣はライフジャケットlife jacketとも呼ばれ,カポックなどの浮力材を用いたものやガスによる膨張式など種々の形式があり,形状も枕状,チョッキ型,首にかける型などさまざまである。…

※「救命胴衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

救命胴衣の関連情報