コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救癩 キュウライ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐らい〔キウ‐〕【救×癩】

ハンセン病患者を救うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうらい【救癩】

ハンセン病患者を救うこと。 「 -事業」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

救癩の関連キーワードドルワール・ド・レゼーハンナ リデルリデル ハンナパリ外国宣教会ライト エダ光田 健輔慈悲の友会青木 恵哉上原 信雄小川 正子コナーラク光田健輔岩下壮一貞明皇后疫病史テレサライトキダー事業

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android