コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教皇冠 きょうこうかんtiara

翻訳|tiara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教皇冠
きょうこうかん
tiara

ローマ教皇が典礼以外の公式の儀式に着用する。3つの層をなす先のとがった円形の冠で,頂上には十字架がはめられている。中世初期には単純な白の帽子であったが,12世紀頃からは装飾的なバンドが加わり,その後進んで冠となった。 14世紀の教皇ウルバヌス5世のときから現在のような三重宝冠となる。三重の冠は教皇の司祭権,司教権,教導権を表わし,また教皇が,現世霊界煉獄を司るという意味をも含んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

教皇冠の関連キーワードローマ教皇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android