霊界(読み)れいかい

精選版 日本国語大辞典「霊界」の解説

れい‐かい【霊界】

〘名〙
① 精神の世界。精神およびその作用のおよぶ範囲。肉界に対していう。
※野の花(1901)〈田山花袋〉八「議論の根本が霊界とか精神的(スピリチュアル)とかいふ幽玄界に置いてあるのに」
霊魂の世界。死後の世界。あの世。
※抒情歌(1932)〈川端康成〉「その霊界の消息を一冊の大きい本にまとめたのでありました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「霊界」の解説

れい‐かい【霊界】

霊魂の世界。死後の世界。
精神の世界。「肉界」に対していう。
「—とか精神的とかいう幽玄界に」〈花袋・野の花〉
[類語]煉獄地獄奈落の世のちの世後世ごせ後生ごしょう来世冥土冥府冥界幽冥幽界黄泉こうせん黄泉よみ草葉の陰泉下

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android