霊界(読み)れいかい

精選版 日本国語大辞典「霊界」の解説

れい‐かい【霊界】

〘名〙
① 精神の世界。精神およびその作用のおよぶ範囲。肉界に対していう。
※野の花(1901)〈田山花袋〉八「議論の根本が霊界とか精神的(スピリチュアル)とかいふ幽玄界に置いてあるのに」
霊魂の世界。死後の世界。あの世。
※抒情歌(1932)〈川端康成〉「その霊界の消息を一冊の大きい本にまとめたのでありました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「霊界」の解説

れい‐かい【霊界】

霊魂の世界。死後の世界。
精神の世界。「肉界」に対していう。
「―とか精神的とかいう幽玄界に」〈花袋・野の花〉
[類語]煉獄地獄奈落の世のちの世後世ごせ後生ごしょう来世冥土冥府冥界幽冥幽界黄泉こうせん黄泉よみ草葉の陰泉下

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android