コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教真 きょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

教真 きょうしん

?-1109 平安時代中期-後期の僧。
比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)首楞厳院(しゅりょうごんいん)にすみ,天台宗学僧として顕密二教に通じ,念仏6万遍を日課にした。関白藤原忠実(ただざね)にまねかれて宇治平等院の供僧となる。夢につげられたとおり,天仁(てんにん)2年11月18日に八十余歳で往生したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

教真の関連キーワードバンキムチャンドラ・チャトーパーディヤーエウィンケンチウス[レラン]世界真光文明教団光ミュージアム中山 正善反町 茂雄神道大成教平山敬忠熊野水軍平山省斎王岱与新道教比叡山実範

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教真の関連情報