コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天仁 テンニン

デジタル大辞泉の解説

てんにん【天仁】

平安後期、鳥羽天皇の時の年号。1108年8月3日~1110年7月13日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

てんじん【天仁】

埼玉の日本酒。大吟醸酒、純米大吟醸酒純米吟醸酒本醸造酒などがある。蔵元の「横関酒造」は明治12年(1879)創業。所在地は児玉郡美里町猪俣。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

てんにん【天仁】

年号(1108.8.3~1110.7.13)。嘉承の後、天永の前。鳥羽天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんにん【天仁】

日本の元号(年号)。平安時代の1108年から1110年まで、鳥羽(とば)天皇の代の元号。前元号は嘉承(かしょう)。次元号は天永(てんえい)。1108年(嘉承3)8月3日改元。鳥羽天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。天仁年間は白河(しらかわ)上皇による院政が行われていた。鳥羽天皇は堀河(ほりかわ)天皇の皇子で、白河上皇の孫にあたる。1107年(嘉承2)に堀河の崩御により、5歳の鳥羽が即位した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

天仁の関連キーワード讃岐典侍日記・讚岐典侍日記西本願寺本三十六人集百座法談聞書抄讃岐典侍日記隆源(1)太田犬丸名侚子内親王犬伏瓦経塚行海(2)官子内親王覚法法親王藤原教長周防内侍藤原敦隆童蒙頌韻テニヲハ類聚歌合南部荘浅間山曼殊院

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天仁の関連情報