天仁(読み)テンニン

大辞林 第三版の解説

てんにん【天仁】

年号(1108.8.3~1110.7.13)。嘉承の後、天永の前。鳥羽天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんにん【天仁】

日本の元号(年号)。平安時代の1108年から1110年まで、鳥羽(とば)天皇の代の元号。前元号は嘉承(かしょう)。次元号は天永(てんえい)。1108年(嘉承3)8月3日改元。鳥羽天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。天仁年間は白河(しらかわ)上皇による院政が行われていた。鳥羽天皇は堀河(ほりかわ)天皇の皇子で、白河上皇の孫にあたる。1107年(嘉承2)に堀河の崩御により、5歳の鳥羽が即位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんにん【天仁】

平安時代、鳥羽天皇の代の年号。嘉承三年(一一〇八)八月三日に、前年の天皇即位により改元。天仁三年(一一一〇)七月一三日に天永元年となる。摂政は藤原忠実。出典は「文選」の「統天仁風遐揚」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天仁の関連情報