コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教訓主義 きょうくんしゅぎdidacticism

翻訳|didacticism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教訓主義
きょうくんしゅぎ
didacticism

文学の第一義的目的は読者に教訓を与えることである,とする考え方は程度の差はあれギリシア時代からあり,ローマのホラチウスは特に教訓的目的を重視した。イギリスでは 18世紀前半,中産階級を読者とした小説家 S.リチャードソンなどが特に新しい市民道徳を作品中で説いている。 19世紀末には「芸術至上主義」を説く一派が鋭く教訓主義に対立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

教訓主義の関連キーワードバーネット(Frances Eliza Hodgson Burnett)コハノフスキニューベリー聖書物語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android