コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教訓主義 きょうくんしゅぎdidacticism

翻訳|didacticism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教訓主義
きょうくんしゅぎ
didacticism

文学の第一義的目的は読者に教訓を与えることである,とする考え方は程度の差はあれギリシア時代からあり,ローマホラチウスは特に教訓的目的を重視した。イギリスでは 18世紀前半,中産階級を読者とした小説家 S.リチャードソンなどが特に新しい市民道徳を作品中で説いている。 19世紀末には「芸術至上主義」を説く一派が鋭く教訓主義に対立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教訓主義の関連情報