コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教訓主義 きょうくんしゅぎdidacticism

翻訳|didacticism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教訓主義
きょうくんしゅぎ
didacticism

文学の第一義的目的は読者に教訓を与えることである,とする考え方は程度の差はあれギリシア時代からあり,ローマのホラチウスは特に教訓的目的を重視した。イギリスでは 18世紀前半,中産階級を読者とした小説家 S.リチャードソンなどが特に新しい市民道徳を作品中で説いている。 19世紀末には「芸術至上主義」を説く一派が鋭く教訓主義に対立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

教訓主義の関連キーワードバーネット(Frances Eliza Hodgson Burnett)コハノフスキニューベリー聖書物語

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android