コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散乱型X線検査機 さんらんがたエックスせんけんさきX-ray diffusion inspection apparatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

散乱型X線検査機
さんらんがたエックスせんけんさき
X-ray diffusion inspection apparatus

空港などでX線を透過させてカバンなどの内部を検査する装置。金属など原子量が大きい物質はX線をよく吸収するため明瞭な透視画像が見えるが,原子量が小さいプラスチックやセラミックスなどは吸収が小さいので透視画像が見えにくい。そこで,プラスチックなどから吸収されずに散乱したX線のデータを大量に検知し,コンピュータで計算処理して画像化するのが散乱型X線検査機である。この計算処理法は,医療分野で断層撮影に用いられる CT (コンピュータ・トモグラフィ) と同じである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android