文具(読み)ぶんぐ

精選版 日本国語大辞典「文具」の解説

ぶん‐ぐ【文具】

〘名〙
① (「文」は武に対して政令律令の意) むやみに律令を完備すること。また、表面の飾りばかりが備わっていること。
※徂徠集(1735‐40)一一・贈菅童子序「歳時条令所勧督、非文具也」 〔漢書‐張釈之伝〕
文房具。紙・筆・インク帳面などの類。
※文芸類纂(1878)〈榊原芳野編〉七「文具志上 紙〈〉筆」
櫛箱(くしばこ)。〔行廚集‐人物称謂・器用類〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の文具の言及

【文房具】より

…筆記具や紙,ナイフ,はさみなど,書くことに関連する道具の総称。文具ともいう。元来は中国の文人の書斎である文房の用具の意で,すでに漢代の学者蔡邕が《筆賦》を書くなど,中国では文具に対する格別の愛着が認められる。…

※「文具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android