コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化財防火デー

2件 の用語解説(文化財防火デーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

文化財防火デー

1月26日。文化財を火災や自然災害から守るため、防火訓練など啓発活動を行う。1949年1月26日に法隆寺金堂の壁画が焼損したことに由来する。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

文化財防火デー

1949年1月26日、世界最古の木造建築物として知られる法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂から出火し、堂内の貴重な仏教壁画(7世紀末ごろ)の大半が焼損した。これを機に、翌50年には文化財保護法が制定された。55年からは国民の文化財への愛護精神を高めるため、この日を文化財防火デーと定めた。

(2010-01-26 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文化財防火デーの関連キーワードアバス大報恩寺法隆寺木造建築士イエウドCUPワットプラタートランパンルアン木造軸組工法(在来工法)奈良県生駒郡斑鳩町キジ島の木造教会

文化財防火デーの関連情報