コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物差(し)/物指(し) モノサシ

デジタル大辞泉の解説

もの‐さし【物差(し)/物指(し)】

物の長さを測る用具。竹・金属・プラスチック製などがあり、長さの単位の目盛りがつけてある。さし。「―を当てる」
物事を評価するときの基準。尺度。「普通の―でははかれない人物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

物差(し)/物指(し)の関連キーワードpH(ペーハー)(水素イオン濃度指数)サミュエル・ジョンソン差し金(建築・木工)対物超過修理費特約差し目・尺目・差目年輪年代測定法消費者物価指数畳み尺・畳尺メートル尺﨟次も無い見取り定規度量衡器メジャー製図用具スケール尺を取る鋳物尺対数尺計算尺カノン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android