一文(読み)イチブン

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぶん【一文】

一つの文章。また、ちょっとした文章。「一文草する

いち‐もん【一文】

銅貨の穴あき銭1枚。銭1枚。→文(もん)
わずかな金。ほんのちょっとの金。転じて、安っぽいものの意。「一文の値うちもない」
一つの文字。
「―不通ノ者」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちぶん【一文】

一つの文章。
ちょっとした文章。 「 -を草する」 「 -を寄せる」

いちもん【一文】

穴あき銭一枚。一貫文の千分の一。 → もん
ごく少額の金銭。わずかな金額。
一つの文字。一字。
[句項目] 一文にもならない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一文の関連情報