一文(読み)イチブン

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぶん【一文】

一つの文章。また、ちょっとした文章。「一文草する

いち‐もん【一文】

銅貨の穴あき銭1枚。銭1枚。→文(もん)
わずかな金。ほんのちょっとの金。転じて、安っぽいものの意。「一文の値うちもない」
一つの文字。
「―不通ノ者」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちぶん【一文】

一つの文章。
ちょっとした文章。 「 -を草する」 「 -を寄せる」

いちもん【一文】

穴あき銭一枚。一貫文の千分の一。 → もん
ごく少額の金銭。わずかな金額。
一つの文字。一字。
[句項目] 一文にもならない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一文の関連情報