コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文庫結び ブンコムスビ

大辞林 第三版の解説

ぶんこむすび【文庫結び】

女帯の結び方の一。蝶結びの一種。普通、半幅帯で浴衣などに結ぶ。また、袋帯を用いて花嫁衣装の打掛の下にも結ぶ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の文庫結びの言及

【帯】より

… 1丈2尺に9寸幅というのは,ほぼ享保(1716‐36)以後,帯の基準となり,結び方もさらに種類が増えていった結果,帯が女装美の中心となり,ここに独特の和装の美が生まれることになったのである。現在でも行われている文庫結びは宝暦・明和(1751‐72)のころに始まったと伝えられているし,また,最も一般に普及している太鼓結び(お太鼓結び)は,1813年(文化10)江戸亀戸天神の太鼓橋が再建されたとき,芸者衆がそれにちなんで結んだ帯の形であるといわれている。また後帯が年齢にかかわらず多くなったのも,文化・文政(1804‐30)からであり,帯留をするようになったのも,ほぼこのころからである。…

※「文庫結び」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文庫結びの関連キーワード引き結び・引結び蝶結び文庫女帯

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android