コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋帯 ふくろおび

5件 の用語解説(袋帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袋帯
ふくろおび

女帯の一種。上下2枚の織物の両端をつないで袋状に織った帯で,裏にあたるところは無地になっている。無地の部分を別織りにして,表地と縫い合せたものもある。帯芯も不用で,丸帯に比べ締めやすく,値段もはらず,礼装にも使えるとあって第2次世界大戦後普及した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふくろ‐おび【袋帯】

袋織りにした芯(しん)のない女帯。正装・礼装用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

袋帯【ふくろおび】

帯の一種。袋織で,芯(しん)を必要とせず締めやすい。女帯は幅30cm,丈4.1m内外で,裏側は無地,表側は総通し柄,六尺通し柄がある。綴(つづれ)織,唐織,糸錦,紗(しゃ)などがあり,礼装,晴着用とされる。
→関連項目訪問着丸帯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ふくろおび【袋帯】

袋織りにした縫い目も芯しんもない帯。正装・礼装に用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袋帯
ふくろおび

女帯の一種。袋織による帯。丸帯のかわりに礼装、盛装に用いられ、帯結びも多種多様に考案されている。幅の両端は輪に織られ、幅は30センチメートル、丈は4.2メートル。丈の端を絎(く)けて仕立て、帯地が厚いので芯(しん)は入れないが、とくに薄地のときだけ芯を入れる。芯地は薄手のものを用いる。表側は絵緯糸(えぬきいと)を用いて模様を織り出し、裏側は無地とする。ときには両面締められるように、表と裏とを異なった模様に織り出したものもある。
 しかし袋帯といいながらも、一般には袋織ではなく、表側と裏側とを共の地色、地織で別々に織り、幅の両端を5ミリメートルほどの縫い代(しろ)で縫い合わせているものが多い。袋織で織られた袋帯とは、幅の両端に縫い代の厚みが出る点が異なるが、技術的に生産しやすい。これは表裏共布、共色で、縫い代が非常に少ないことが腹合(はらあわせ)帯とは異なっている。袋織による帯には男子の角帯、女子の小袋帯、中袋帯があるが、袋帯といえば女帯をさす。大正年間から売り出されていたが、第二次世界大戦後、仕立てが容易で軽い帯であるという定評を得て、代表的女帯として用いられている。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の袋帯の言及

【帯】より

…裏表がないので振袖の緋扇など変り結びに最適。 袋帯長さ4m,幅30.5cmで裏は無地。本袋は輪に織ったもの。…

※「袋帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

袋帯の関連キーワード伸子張り御下げ帯引き呉服忍び駒太物承鞚両端を叩く袋織両端を持する

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

袋帯の関連情報