コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花嫁衣装 はなよめいしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花嫁衣装
はなよめいしょう

花嫁が結婚式に際して着用する衣装の総称。和装では,室町時代武家の妻の冬の盛装であった小袖,帯,打掛を継承した白無垢の打掛姿が花嫁衣装として着用され,三三九度がすむと色物の着物に着替える習慣になった。これが色直しである。頭には通常,角隠しをかぶるが,これは江戸時代の武家女性が外出の際かぶった揚げ帽子の名残りである。他方,洋装の場合はウェディングドレス wedding dressといわれる。これらは多くヨーロッパ中世の衣装形式を踏襲してベールを伴うのが一般で,18世紀以降は純白のドレスとベールが用いられるようになった。布地にはレース,サテン,タフタなどの薄地が使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

花嫁衣装の関連キーワード打ち掛け・打掛け・打掛・裲襠ファッション・ブックウエディングドレス伊達巻(和装小物)コスチューム確定期売買御引き摺り文庫結び刺しゅう婚礼衣装山田敦彦プシケ伊達締しごき襲∥重扱き帯着付け抱え帯髪飾り着付

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花嫁衣装の関連情報