コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半幅帯 ハンハバオビ

デジタル大辞泉の解説

はんはば‐おび【半幅帯】

幅が普通の幅の半分の帯。ふだん着・浴衣・羽織下などに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんはばおび【半幅帯】

女帯で並幅の半分の幅に仕立てた帯。羽織下や夏の浴衣に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の半幅帯の言及

【帯】より

…【北村 哲郎】
[野良着の帯]
 農山村,漁村の婦人たちが仕事着を着用したとき用いる帯は,初期のものは幅が狭く,江戸中期に書かれた農学書《奥民図彙》によれば〈帯たな〉と呼ばれていた。しかし明治以降の農村一般では,15cm内外の半幅(はんはば)帯が多く用いられていた。また地域によっては30cmの幅の広い帯も使用した。…

※「半幅帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半幅帯の関連キーワード文庫(服装)やの字結び二つ割り文庫結び貝の口和服並幅女帯

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半幅帯の関連情報