半幅帯(読み)ハンハバオビ

大辞林 第三版の解説

はんはばおび【半幅帯】

女帯で並幅の半分の幅に仕立てた帯。羽織下や夏の浴衣に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はんはば‐おび【半幅帯】

〘名〙 幅がふつうの帯幅の半分の帯。並幅を半分に折って仕立てたもの、はじめから半幅に織ったものなどがある。子供帯や、大人の浴衣、羽織下帯などに用いる。
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉後「メリンスの半幅帯」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の半幅帯の言及

【帯】より

…【北村 哲郎】
[野良着の帯]
 農山村,漁村の婦人たちが仕事着を着用したとき用いる帯は,初期のものは幅が狭く,江戸中期に書かれた農学書《奥民図彙》によれば〈帯たな〉と呼ばれていた。しかし明治以降の農村一般では,15cm内外の半幅(はんはば)帯が多く用いられていた。また地域によっては30cmの幅の広い帯も使用した。…

※「半幅帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半幅帯の関連情報