コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膨ら雀/脹ら雀/福良雀 フクラスズメ

デジタル大辞泉の解説

ふくら‐すずめ【膨ら×雀/×脹ら×雀/福×雀】

まるまると太った雀。また、寒さに全身の羽毛をふくらませている雀。 冬》
紋所・文様の名。羽をのばした1の姿を図案化したもの。
女性の髪の結い方の一。2の形に似せて中央を締め、左右に髷(まげ)を作るもの。江戸末期以降、10代の少女が結った。
若い女性の帯の結び方の一。袋帯で両側に角を出し、お太鼓に似せて結んだもの。二枚扇。
(「脹天蛾」とも書く)ヤガ科のガ。体は太く暗茶褐色で、前翅(まえばね)には波状の紋、後ろ翅には黒色と青色の帯がある。成虫で冬を越し、暖かい日に飛び出す。幼虫は芋虫で、食草はイラクサなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

膨ら雀/脹ら雀/福良雀の関連キーワード脹天蛾芋虫成虫文様食草波状紋所