コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文廷式 ぶんていしきWén Tíng shì

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんていしき【文廷式 Wén Tíng shì】

1856‐1904
中国,清末の学者,進歩的官僚。字は芸閣(うんかく)。江西省萍郷県の人。光緒16年(1890)の進士に2番の成績で及第。かつて家庭教師をつとめた瑾妃・珍妃姉妹が光緒帝の寵愛を得たため帝に重用され,翰林院侍読学士に昇進。95年,立憲君主制をめざす康有為が強学会を設立した際,翁同龢(おうどうわ),張之洞らとともにそれを援助したため保守派の反感を買い,翌年,職を免ぜられ追放された。1899‐1900年,日本に滞し,内藤湖南と交渉をもった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文廷式の関連キーワード日露戦争史(年表)日露戦争ロシア革命川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)イギリス史(年表)トルストイ(年譜)解析変成作用熱雲インターナショナル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android