コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文廷式 ぶんていしき Wén Tíng shì

1件 の用語解説(文廷式の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんていしき【文廷式 Wén Tíng shì】

1856‐1904
中国,清末の学者,進歩的官僚。字は芸閣(うんかく)。江西省萍郷県の人。光緒16年(1890)の進士に2番の成績で及第。かつて家庭教師をつとめた瑾妃・珍妃姉妹が光緒帝の寵愛を得たため帝に重用され,翰林院侍読学士に昇進。95年,立憲君主制をめざす康有為が強学会を設立した際,翁同龢(おうどうわ),張之洞らとともにそれを援助したため保守派の反感を買い,翌年,職を免ぜられ追放された。1899‐1900年,日本に滞し,内藤湖南と交渉をもった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文廷式の関連キーワード華興会魏源厳復スキナー静嘉堂文庫宋応星中国革命同盟会馬建忠末学非学者

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone