コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翁同龢 おうどうわWeng Tong-he; Wêng T`ung-ho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翁同龢
おうどうわ
Weng Tong-he; Wêng T`ung-ho

[生]道光10 (1830)
[没]光緒30 (1904)
中国,清末の政治家。江蘇省常熟の人。大学士,翁心存の子。咸豊6(1856)年,首席で進士に合格。栄進して戸部尚書,軍機大臣を歴任した。また光緒帝の師傅として帝の信任厚く,西太后派とは対立した。日清戦争時には主戦論,下関条約反対論を主張,光緒24(1898)年には康有為登用による政治改革を光緒帝に進言した。変法(→変法自彊運動)の失敗によって失脚,処罰され,のち故郷で死んだ。その日記『翁文恭公日記』は貴重な史料である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうどうわ【翁同龢 Wēng Tóng hé】

1830‐1904
中国,清末の官僚。江蘇省常熟県の人。字は声浦,号は叔平。1856年(咸豊6)状元で進士に及第し,刑・工・戸各部の尚書,軍機大臣を歴任,光緒帝の師傅(しふ)をつとめ皇帝の信任を得た。皇帝と西太后の対立が深まると帝党の中心として李鴻章らと争い,日清戦争では主戦論を唱えた。皇帝の親政を強化するため康有為らの変法維新の主張をとりあげ戊戌(ぼじゆつ)変法を企てたが,変法の詔から4日目に西太后は皇帝に迫って翁同龢を解任帰郷させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

翁同龢の関連キーワード戸部尚書文廷式

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android