コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文武大王水中陵 もんむだいおうすいちゅうりょう

1件 の用語解説(文武大王水中陵の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

もんむだいおうすいちゅうりょう【文武大王水中陵】

韓国南部のキョンサンプクト(慶尚北道キョンジュ(慶州)市の郊外にある、新羅王・文武王(661~681年)の墓。海中につくられた珍しい陵墓である。死後、海龍になって国を守るという文武王の遺言により、周囲200mの岩の中心東西南北に水路を造って小さな穴を掘り、深さ3.6m、幅2.85m、厚さ0.9mの大きい石を水中2mの深さに置き、その下に王の遺骨を奉ったといわれている。◇「文武岩」とも呼ばれている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone