コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文武大王水中陵 もんむだいおうすいちゅうりょう

1件 の用語解説(文武大王水中陵の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

もんむだいおうすいちゅうりょう【文武大王水中陵】

韓国南部のキョンサンプクト(慶尚北道キョンジュ(慶州)市の郊外にある、新羅王・文武王(661~681年)の墓。海中につくられた珍しい陵墓である。死後、海龍になって国を守るという文武王の遺言により、周囲200mの岩の中心東西南北に水路を造って小さな穴を掘り、深さ3.6m、幅2.85m、厚さ0.9mの大きい石を水中2mの深さに置き、その下に王の遺骨を奉ったといわれている。◇「文武岩」とも呼ばれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文武大王水中陵の関連キーワード慶尚南道慶尚北道全羅北道山腹三福田大邱万福マスコンサンプション安東国際仮面劇フェスティバル慶尚道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone