コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文武廟 ぶんぶびょう

1件 の用語解説(文武廟の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ぶんぶびょう【文武廟】

台湾西南部の台南(臺南、タイナン)市の郊外、台湾有数の景勝地・日月潭(にちげつたん、じつげつたん、リーユエタン)にある、孔子(学問の神)と関羽、岳飛(武道の神)を祀る中国寺院。日月潭の北部の湖畔にある。建立は1938年で、1975年に再建された。廟は前殿、中殿、後殿の三殿様式になっており、前殿は文廟で文の神である孔子が、中殿は武廟で武の神である岳飛や関羽が祀られている。中国宮殿式の廟としては台湾で最大級のものである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文武廟の関連キーワード西南日本西南日本外帯西南日本内帯西南学院大学西南西南西西南の役台南東西南北南紀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文武廟の関連情報