コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文魚 ぶんぎょ

2件 の用語解説(文魚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文魚 ぶんぎょ

1730-1800 江戸時代中期-後期の商人。
享保(きょうほう)15年生まれ。江戸蔵前にすみ,足(網)代方御用達とされるが,業種は不明。「十八大通」のひとり十寸見(ますみ)文魚の名で浄瑠璃(じょうるり)河東節の名手として知られ,俳諧(はいかい)にも通じた。後年豪遊のはてに破産,没落した。寛政12年4月9日死去。71歳。通称は大和屋太郎次。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

文魚

生年:生没年不詳
江戸後期の通人。明和・安永年間(1764~81)の十八大通のひとりで,大和屋太郎次の俳号。三升屋二三治『御蔵前馬鹿物語』には本職を足代方御用達とあるが,業種不明である。家は女郎買いの稽古所といわれるほど,通人,遊客が文魚の弟子となって出入りし,いずれも文の字を頂いて俳号とした。髪形に本多髷を流行させ,蔵前本多,文魚本多の名を残した。弟子に 髪結文蝶(大黒屋文七)や吉原遊女屋の四ツ目屋文洲などの大通がいる。後年零落したが見栄をはり,毎日江戸城付近まで武家屋敷の御用伺いに行くふりで出かけ,立ち小便をして帰ったという逸話がある。<参考文献>北原進『江戸の札差』

(北原進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

文魚の関連キーワードインド哲学江村如圭前古典派音楽岸沢式佐洒落本定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文魚の関連情報