コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文魚 ぶんぎょ

2件 の用語解説(文魚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文魚 ぶんぎょ

1730-1800 江戸時代中期-後期の商人。
享保(きょうほう)15年生まれ。江戸蔵前にすみ,足(網)代方御用達とされるが,業種は不明。「十八大通」のひとり十寸見(ますみ)文魚の名で浄瑠璃(じょうるり)河東節の名手として知られ,俳諧(はいかい)にも通じた。後年豪遊のはてに破産,没落した。寛政12年4月9日死去。71歳。通称は大和屋太郎次。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

文魚

生年:生没年不詳
江戸後期の通人。明和・安永年間(1764~81)の十八大通のひとりで,大和屋太郎次の俳号。三升屋二三治『御蔵前馬鹿物語』には本職を足代方御用達とあるが,業種不明である。家は女郎買いの稽古所といわれるほど,通人,遊客が文魚の弟子となって出入りし,いずれも文の字を頂いて俳号とした。髪形に本多髷を流行させ,蔵前本多,文魚本多の名を残した。弟子に 髪結文蝶(大黒屋文七)や吉原遊女屋の四ツ目屋文洲などの大通がいる。後年零落したが見栄をはり,毎日江戸城付近まで武家屋敷の御用伺いに行くふりで出かけ,立ち小便をして帰ったという逸話がある。<参考文献>北原進『江戸の札差』

(北原進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文魚の関連キーワード蜀山人等明狩野養長金金明和東芥子之助鵜飼図南江戸半太夫(3代)集山珠雀斎

文魚の関連情報