コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎宮の忌み詞 サイグウノイミコトバ

デジタル大辞泉の解説

さいぐう‐の‐いみことば【斎宮の忌み詞】

伊勢の斎宮で、仏語や不浄な語を避けて、代わりに用いた言葉。経を「染め紙」、死を「直り物」、僧を「髪長(かみなが)」、血を「」、仏を「中子(なかご)」、病気を「慰(やすみ)」といった類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいぐうのいみことば【斎宮の忌み詞】

伊勢の斎宮で用いられた忌み詞。神に奉仕するための、仏教や不浄に関する言葉の言い換えで、「延喜式えんぎしき」には「仏」を「中子なかご」、「経」を「染め紙」、「僧」を「髪長かみなが」、「死」を「なほる」、「血」を「あせ」というなど14種が示されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

斎宮の忌み詞の関連キーワード忌み言葉・忌み詞・忌言葉中子・中心・茎染め紙・染紙草片・茸立ち竦み忌み詞香焼き瓦葺き女髪長直る休み土塊染紙