神慮(読み)シンリョ

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐りょ【神慮】

〘名〙
のみこころ。神の思召し。神意。冥慮。
※玉葉‐嘉応元年(1169)正月七日「但神慮尚難測」
※平家(13C前)二「みだりがはしく法皇を傾け奉らせ給はん事、天照大神・正八幡宮の神慮にも背候なんず」 〔孔法生‐征虜亭祖王少傅詩〕
② 天子や将軍などのみこころ。神のようにすぐれた考え。宸慮。叡慮。聖慮。
※政談(1727頃)三「夫のみに非ず。重畳深き神慮也と奉存也」 〔呉志‐張温伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android