コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤好玄 さいとう よしはる

1件 の用語解説(斎藤好玄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤好玄 さいとう-よしはる

1500-1572 戦国-織豊時代の馬術家。
明応9年生まれ。斎藤芳蓮にまなび大坪流の馬術をきわめ,大坪流中興の祖といわれた。能登(のと)熊木城主であったが,晩年は摂津花隈(はなくま)城(兵庫県)の荒木元清のもとですごし,元清に馬術をつたえた。元亀(げんき)3年5月23日死去。73歳。京都出身。著作に「大坪本流好玄記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤好玄の関連キーワードスペイン音楽ヤギエウォ朝元亀奥多摩中距離競走小幡景憲吉田宗桂富山(県)デカスロン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone