コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木元清 あらき もときよ

3件 の用語解説(荒木元清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木元清 あらき-もときよ

1536-1610 戦国-江戸時代前期の馬術家。
天文(てんぶん)5年生まれ。荒木村重の一族。摂津花熊城(兵庫県)城主。落城後,豊臣秀吉につかえるが,文禄(ぶんろく)4年の豊臣秀次(ひでつぐ)事件に連座して追放される。斎藤好玄(よしはる)にまなんだ大坪流の馬術をもとに荒木流を創始した。慶長15年5月23日死去。75歳。法名は安志。通称は志摩守。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

荒木元清

没年:慶長15.5.23(1610.7.13)
生年:天文4(1535)
安土桃山・江戸前期の馬術家。重元の子で,摂津国(兵庫県)の人。志摩守と称す。同族の荒木村重に属して,城攻め野戦の功が多かった。のち純粋に馬術を修練することを志したと思われ,大坪流の斎藤好玄より,弓術を伴わない馬術を学び,新たに自分の名を冠して荒木流を創始した。天正8(1580)年花隈城落城後,豊臣秀吉に仕え,豊臣秀次事件(1595年)に座して遠流に処せられた。秀吉の死後は京都に住した。荒木流の道統は4男の十左衛門元満が継いだ。<参考文献>日夏繁高『本朝武芸小伝』(新編武術叢書)

(藤堂良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒木元清
あらきもときよ
(1536―1610)

馬術荒木流の祖。志摩(しま)入道安志(あんし)という。織田信長に滅ぼされた摂津(大阪府・兵庫県)の猛将荒木村重(むらしげ)の一族で、同国花隈(はなくま)の城主であった。晩年は京都に住み、かつて斎藤安芸守好玄(あきのかみこうげん)に学んだ大坪流に新しいくふうを加え、馬術をもって一派を開いた。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒木元清の関連キーワード今城為親清韓文英禅昌山岡如軒酒井貞月弘尊安土桃山時代上田重秀篠原正清原田七兵衛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone