コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤真蔭 さいとう まかげ

2件 の用語解説(斎藤真蔭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

斎藤真蔭

江戸後期の歌人。信濃生。通称は彦之丞・丹後介。号は藤迺舎。酒造業を営む家に生まれ、庄屋となり郷邑の発展に尽力する。本居春庭の門人となり、さらに上京して飛鳥井家歌所に入り、願海をはじめ飯塚久敏・岩崎長世・橘守部らに歌道・国学を学び、歌集『藤かつら』を著した。明治8年(1875)歿、77才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤真蔭 さいとう-まかげ

1799-1875 江戸時代後期の国学者。
寛政11年生まれ。信濃(しなの)(長野県)小県(ちいさがた)郡十人村で代々酒造業をいとなむ。文政6年庄屋となる。同郡前山村塩野神社神職の宮沢清房らにまなび,本居春庭(はるにわ)にも入門。文久元年京都飛鳥井家歌所にはいった。歌集に「藤かつら」がある。明治8年1月15日死去。77歳。通称は彦之丞。別号に藤廼舎(ふじのや)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone