斎藤行一(読み)さいとう ゆきかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤行一 さいとう-ゆきかず

1839-1869 幕末の武士。
天保(てんぽう)10年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。砲術を川勝縫殿之助に,軍学を真田喜平太にまなぶ。戊辰(ぼしん)戦争では狙撃隊長をつとめ,のち郡奉行となる。明治2年4月14日藩の反対派に捕らえられ自刃(じじん)した。31歳。本姓は日野。字(あざな)は子敬。通称は安右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android