斎藤 昇(読み)サイトウ ノボル

20世紀日本人名事典の解説

斎藤 昇
サイトウ ノボル

昭和期の政治家 参院議員(自民党);運輸相;厚相;警察庁長官。



生年
明治36(1903)年1月28日

没年
昭和47(1972)年9月8日

出生地
三重県阿山郡伊賀町

学歴〔年〕
東京帝大農学部〔大正14年〕卒,東京帝大法学部〔昭和3年〕卒

経歴
昭和2年内務省入り。戦後官選山梨県知事、22年内務次官から警視総監。23年初代国家地方警察本部長官。現行の警察法を作り、戦後警察の基礎を築いたが、その警察法改正で新設された警察庁初代長官に就任した。30年に退官。同時に自民党から参院選に出馬、以来4回当選。36年池田勇人内閣の運輸相。43年と46年の佐藤栄作内閣厚相を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

斎藤 昇
サイトウ ノボル


肩書
参院議員(自民党),運輸相,厚相,警察庁長官

生年月日
明治36年1月28日

出生地
三重県阿山郡伊賀町

学歴
東京帝大農学部〔大正14年〕卒 東京帝大法学部〔昭和3年〕卒

経歴
昭和2年内務省入り。戦後官選山梨県知事、22年内務次官から警視総監。23年初代国家地方警察本部長官。現行の警察法を作り、戦後警察の基礎を築いたが、その警察法改正で新設された警察庁初代長官に就任した。30年に退官。同時に自民党から参院選に出馬、以来4回当選。36年池田勇人内閣の運輸相。43年と46年の佐藤栄作内閣厚相を務めた。

没年月日
昭和47年9月8日

家族
長男=斎藤 七朗(苫小牧駒沢大学国際センター長) 二男=斎藤 十朗(参院議員)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

斎藤 昇 (さいとう のぼる)

生年月日:1903年1月28日
昭和時代の官僚;政治家。参議院議員;運輸大臣
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android