コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

料金別納郵便 りょうきんべつのうゆうびん

1件 の用語解説(料金別納郵便の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

りょうきんべつのうゆうびん【料金別納郵便】

同一料金の郵便物を同時に多数出す場合に、個々の郵便物の表面に切手に代わる表示をし、料金相当額の切手または現金を添えて郵便局に差し出す扱いの郵便。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

料金別納郵便の関連キーワード航空郵便通常郵便物定形郵便物局留郵便料金料金後納郵便IBRS郵便区内特別郵便物郵便割引制度郵便料金の別納制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

料金別納郵便の関連情報