コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜陽族 シャヨウゾク

2件 の用語解説(斜陽族の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃよう‐ぞく〔シヤヤウ‐〕【斜陽族】

第二次大戦後、世の中の急激な変化によって没落した上流階級の人々。没落階級。
[補説]太宰治の小説「斜陽」から生まれた語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゃようぞく【斜陽族】

〔太宰治の小説「斜陽」からできた語〕
時勢の変化についてゆけずに衰えた上流階級。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の斜陽族の言及

【斜陽】より

…戦後社会の欺瞞性に強く反発した太宰が,生家の没落をきっかけに日本の《桜の園》を書こうとしたものであり,4人の登場人物はそれぞれ作者の憧憬と絶望と反抗を背負った分身だといえる。太宰はこの作品によって流行作家となり,〈斜陽族〉という流行語も生じた。【東郷 克美】。…

【社用族】より

…第2次大戦後の経済の低迷期,1950年ころに,疲弊したサラリーマンたちが,自前では一流レストラン,バー等で飲食することができず,その支払いを社用という名目で会社に肩代りさせたことから生じたことば。戦後,没落した上流階級を描いた太宰治の小説《斜陽》に由来して〈斜陽族〉という呼名がはやったが,〈社用族〉は,それとの語呂合せから,経済的に弱体化した会社員を揶揄(やゆ)しつつも半ば羨望(せんぼう)する気持ちを込めて用いられるようになった。しかしその後の経済の高度成長期には〈社用にかこつける〉という意味合いは薄れ,会社の業績をあげるために取引先を接待し,また商談を進める場づくりのために飲食,ゴルフ,招待旅行などを共にすることが盛んに行われるようになり,業務の一環として接待に従事し,その費用を会社の必要経費たる交際費から落とす者を〈社用族〉とみなすようになった。…

※「斜陽族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

斜陽族の関連キーワードアプレゲール岡谷戦後戦無派大戦ダモイテニアン島ハバハバ急激メソサイクル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone