コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

習練 シュウレン

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐れん〔シフ‐〕【習練】

[名](スル)よく練習すること。「書写を習練する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうれん【習練】

( 名 ) スル
繰り返し習って身につけること。練習。 「言語の法を-し/西国立志編 正直

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

習練の関連キーワード臭・修・収・周・囚・執・宗・就・州・愁・拾・收・洲・皺・祝・秀・秋・終・繍・繡・羞・習・聚・臭・舟・蒐・衆・袖・褶・襲・讐・蹴・輯・週・酬・醜・集・驟ジェームス クリフトンフィリップ(4世)座頭(ざがしら)西国立志編種子島時堯ストア学派ドレーク地形模型近藤真琴断絃余論義和団鍼麻酔理容師練習曲木炭画ガンゾ武芸書写芸道

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

習練の関連情報