新ワフド党(読み)しんワフドとう(英語表記)Hizb al-Wafd al-Gadid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新ワフド党
しんワフドとう
Hizb al-Wafd al-Gadid

エジプトの政党。 1919年に結成されエジプト独立運動を主導し,52年に非合法化されたワフド党を 83年に再結成した政党。大地主層を中心とする旧エリートや新興富裕層を支持基盤とし,民族主義中道派の立場で,経済自由化を掲げる。「新世代のワフド活動家」をスローガンに各地で活動を展開,84年5月の総選挙ではイスラム系諸団体の協力を得て 57議席を獲得した。 87年4月の総選挙でも 35議席を獲得するが,90年の総選挙は与党国民民主党の不正選挙を批判してボイコットした。湾岸戦争の際に親イラク的発言を繰返したナーマン・ゴマー党首は,弾圧を受けて国外へ逃亡した。 95年 11月の総選挙では6議席まで勢力を後退させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android