コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新使徒教会 しんしときょうかいNew Apostolic Church

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新使徒教会
しんしときょうかい
New Apostolic Church

キリスト再臨の切迫を信じ,その前に 12使徒の職務を再興しなければならないとして 1830年代イギリスに創設されたカトリック使徒教会の信徒のうち,使徒が死去すればその代りを任命して再臨まで治めさせなければならないと信じたグループが 63年ドイツで組織した教会。初めユニバーサル・カトリック教会と称し,1906年,現在の名称となる。大陸プロテスタント主義の影響が強く,聖霊の賜物を強調,至福千年説 (→ミレニアム ) を奉じる。使徒の下に主教,地区長老,牧師,福音伝道者職がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android