新債務戦略(読み)しんさいむせんりゃく(英語表記)new debt initiative

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新債務戦略
しんさいむせんりゃく
new debt initiative

累積債務問題解決のために決定された,国際協力のもとでの戦略。これまでの債務戦略より一層既存債務の削減に重点を移している。 1988年9月に提案された宮沢構想に始まり,これをベースにまとめられたブレイディ構想を経て 89年から具体的取組みが開始された。メキシコをはじめフィリピン,コスタリカベネズエラ,モロッコにすでに適用されている。民間銀行は債務国向けの債務の圧縮,金利減免,追加貸付けのなかから選択して支援を行うと同時に,債務国は国際通貨基金 IMF,国際復興開発銀行 (世界銀行) の経済調整プログラムに沿った政策を実施し,逃避資本の帰還や国内貯蓄を促進するものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android