コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新妻金夫 にいづま きんぷ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新妻金夫 にいづま-きんぷ

1805-1865* 江戸時代後期の医師。
文化2年生まれ。小石元瑞(げんずい)にまなび,天保(てんぽう)9年日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩の侍医となる。安政4年早川図書とともに医学所明道館の創立にくわわり,医師の養成にあたった。元治(げんじ)元年12月5日死去。60歳。本姓は井上。名は胤剛。号は双岳。著作に「双岳詩集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新妻金夫の関連キーワード中川宇右衛門フォーレアメリカ合衆国史(年表)ネルソン序曲ムハンマド・アリーホフマンコーンウォリスネルソンネルソン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android