新妻金夫(読み)にいづま きんぷ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新妻金夫 にいづま-きんぷ

1805-1865* 江戸時代後期の医師。
文化2年生まれ。小石元瑞(げんずい)にまなび,天保(てんぽう)9年日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩の侍医となる。安政4年早川図書とともに医学所明道館の創立にくわわり,医師の養成にあたった。元治(げんじ)元年12月5日死去。60歳。本姓は井上。名は胤剛。号は双岳。著作に「双岳詩集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android