コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生児上顎洞炎 しんせいじじょうがくどうえんNeonatal Maxillary Sinusitis

家庭医学館の解説

しんせいじじょうがくどうえん【新生児上顎洞炎 Neonatal Maxillary Sinusitis】

[どんな病気か]
 鼻の奥の頬(ほお)の位置に上顎洞という空洞(くうどう)(副鼻腔(ふくびくう))があり、ここに細菌感染をおこしたのが上顎洞炎で、1歳未満の乳児におこることがあります。
 かぜのあとに鼻づまりが続き、膿(うみ)のような鼻水が出て、39~40℃の高熱を出し、頬が赤く腫(は)れます。
 1歳未満の乳児は、炎症が上顎洞内の粘膜(ねんまく)だけではなく、周囲の骨髄組織(こつずいそしき)にもおよんで骨髄炎(こつずいえん)(「化膿性骨髄炎」)をおこしやすいのです。
 さらに、敗血症(はいけつしょう)、髄膜炎(ずいまくえん)を合併することがあります。
[治療]
 まず、抗生物質を内服します。これで軽快しないときは、口腔内(こうくうない)から上顎歯肉部(じょうがくしにくぶ)を切開して膿(うみ)を排出させ、腐骨(ふこつ)(骨髄炎によってできた病的な骨髄組織)を除去します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

新生児上顎洞炎の関連キーワード副鼻腔炎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android