コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生児上顎洞炎 しんせいじじょうがくどうえん Neonatal Maxillary Sinusitis

1件 の用語解説(新生児上顎洞炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんせいじじょうがくどうえん【新生児上顎洞炎 Neonatal Maxillary Sinusitis】

[どんな病気か]
 鼻の奥の頬(ほお)の位置に上顎洞という空洞(くうどう)(副鼻腔(ふくびくう))があり、ここに細菌感染をおこしたのが上顎洞炎で、1歳未満の乳児におこることがあります。
 かぜのあとに鼻づまりが続き、膿(うみ)のような鼻水が出て、39~40℃の高熱を出し、頬が赤く腫(は)れます。
 1歳未満の乳児は、炎症が上顎洞内の粘膜(ねんまく)だけではなく、周囲の骨髄組織(こつずいそしき)にもおよんで骨髄炎(こつずいえん)(「化膿性骨髄炎」)をおこしやすいのです。
 さらに、敗血症(はいけつしょう)、髄膜炎(ずいまくえん)を合併することがあります。
[治療]
 まず、抗生物質を内服します。これで軽快しないときは、口腔内(こうくうない)から上顎歯肉部(じょうがくしにくぶ)を切開して膿(うみ)を排出させ、腐骨(ふこつ)(骨髄炎によってできた病的な骨髄組織)を除去します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

新生児上顎洞炎の関連キーワード奥の間何心地鼻の先不死身プリマドンナ病は気から蛙の頬冠暗闇の頬冠肉垂頬桁

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone