コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新納時升 にいろ ときます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新納時升 にいろ-ときます

1779*-1865 江戸時代後期の武士。
安永7年12月生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。文政2年大坂詰めとなり藩財政の再建にあたる。10年藩政改革を藩主に直訴しようとして解職される。嘉永(かえい)3年お由羅(ゆら)騒動に連座して徳之島に流罪。赦免後,藩校造士館助教などをつとめた。元治(げんじ)2年1月22日死去。88歳。字(あざな)は伯剛。通称は弥太右衛門。号は如泉など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

新納時升

没年:慶応1.1.22(1865.2.17)
生年:安永7.12(1778)
江戸中・後期の薩摩(鹿児島)藩士。通称は次郎九郎,弥太右衛門,矢田右衛門,号は伯剛,如泉,空翠,乾々道人。新納時意の子として鹿児島城下生まれる。享和3(1803)年に蔵方目付となり,文化5(1808)年には江戸詰めとなり,在江戸中に尾張藩儒者冢田大峯に学んだ。そののち糾問掛,大島代官などを経て文政2(1819)年には大坂詰めとなって藩債500万両の整理に当たったが,調所広郷の旧債切り捨て案に反対して禁固された。のち復職したが同10年に改革案を島津重豪に直訴しようとして失職。嘉永2(1849)年のお由羅騒動にも連座して徳之島に流された。安政1(1854)年に赦免されたのち,同3年から藩校造士館助教として子弟の教育に励んだ。<参考文献>山田準編『新納時升翁と勉強説及党弊論』

(笠谷和比古)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

新納時升の関連キーワードカージャール朝ティチング後桃園天皇平賀源内後桃園天皇浦上玉堂動物園伊藤惣兵衛ウィンチェスター海津幸一

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone