新羅写経(読み)しらぎしゃきょう

世界大百科事典 第2版の解説

しらぎしゃきょう【新羅写経】

朝鮮における現存最古の写経で,《大方広仏華厳経》新訳80巻の写経残簡。2軸発見されているが,1軸は凝固していて開くことができない。他の1軸によると,幅29cm,長さ14mの白紙に,巻四十四から巻五十までが墨書筆写され,両端水晶で飾った赤色木軸に巻かれている。巻首数巻が欠落しているので確かなことはわからないが,本来は1軸に10巻ずつ筆写され,合計8軸より成っていたと推測される。また写経2軸とともに金銀泥の経画2片も伝えられており,巻頭の表装画と推定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android