コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新聞用達会社 しんぶんようたしかいしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新聞用達会社
しんぶんようたしかいしゃ

日本の通信社の草分けの1つ。『郵便報知新聞』の矢野文雄 (龍渓) が,外遊して得た新知識をもとに 1890年1月設立した。機構はイギリス式をまね,ニュース通信のほかに広告代理業も兼営した。ロイターとの特約をねらったが成功せず,結局は国内ニュースだけを配信した。初めは中立を目指したが,時事通信社 (現在の時事通信社とは別) との競争のせいもあって,次第に改進党色を強めた。経営難のため 92年に時事通信社と合併して帝国通信社 (帝通) となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の新聞用達会社の言及

【通信社】より

…最近第三世界では,これまでの〈先進国〉の〈事件‐中心〉の報道話法に対する批判も出ている。
[日本の通信社]
 明治憲法発布の前後に生まれた時事通信社(1887‐90),新聞用達会社(1890‐92)などが日本の通信社の先駆といわれるが,当時は群小通信社の乱立にとどまった。新聞用達会社の後身として,1892年創立の帝国通信社(帝通)は日清,日露戦争を通じて業務を拡大,1901年創立の日本電報通信社(電通)とともに日本の二大通信社として競争した。…

※「新聞用達会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android