コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新興科学の旗の下に しんこうかがくのはたのもとに

世界大百科事典 第2版の解説

しんこうかがくのはたのもとに【新興科学の旗の下に】

三木清,羽仁五郎らによって,1928年10月創刊された月刊理論雑誌。マルクス主義理論の研究を中心とし,執筆者には三木,羽仁のほか,本多謙三,高島善哉,奈良正路らがいる。発行者は鉄塔書院の小林勇。29年10月プロレタリア科学研究所が設立され,三木らが同研究所に参加するとともに12月終刊。アカデミシャンのなかからもマルクス主義に接近する者があらわれたことを示す文献である。【梅田 俊英

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の新興科学の旗の下にの言及

【三木清】より

…そこで開眼した20世紀哲学の課題への挑戦は,まず《パスカルに於ける人間の研究》(1926)となって現れ,日本の哲学を革新するものという評を得た。また,マルクスの思想が一定の人間学をもつことを構造論的に明らかにした論文《人間学のマルクス的形態》(1927)をはじめ,やつぎばやにマルクス主義研究の論文を発表し,また羽仁五郎とともに雑誌《新興科学の旗の下(もと)に》を創刊(1928)して,折から昂揚したマルクス主義革命運動に大きな影響を与えた。それは,政治的革命運動を超えて世界観(哲学)としてのマルクス主義の探求を促すものであった。…

※「新興科学の旗の下に」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新興科学の旗の下にの関連キーワード羽仁 五郎本多 謙三三木 清

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android