コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島善哉 たかしまぜんや

3件 の用語解説(高島善哉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高島善哉
たかしまぜんや

[生]1904.7.13. 岐阜
[没]1990.1.10. 東京
経済学者,思想家。 1927年東京商科大学 (現一橋大学) 卒業。早くからマルクス主義に傾倒し,『剰余価値学説史』の翻訳に取組むが,33年特別高等警察に逮捕され,訳稿を没収される。マルクス研究が困難ななか,スミスリストの研究にファシズムヘの抵抗を託し,『経済社会学の根本問題』 (1941) を著わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島善哉 たかしま-ぜんや

1904-1990 昭和時代の経済学者,社会学者。
明治37年7月13日生まれ。母校東京商大(現一橋大)の教授,一橋大社会学部長,関東学院大教授を歴任。マルクスの「剰余価値学説史」を翻訳し昭和8年検挙された。のちアダム=スミスを研究。「高島学派」とよばれるおおくの研究者をそだてた。平成2年1月10日死去。85歳。岐阜県出身。著作に「アダム・スミスの市民社会体系」など。
【格言など】生きて帰って来たまえ,戦後が君達を待っている(出陣学徒へのことば)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高島善哉
たかしまぜんや
(1904―1990)

社会科学者。岐阜県に生まれる。1927年(昭和2)に東京商科大学(現在の一橋大学)を卒業後、東京商科大学予科・学部教授、予科長、一橋大学社会学部長を歴任した。福田徳三大塚金之助の門下。41年に処女作『経済社会学の根本問題――経済社会学者としてのスミスとリスト』を刊行し、大きな反響をよんだ。同書の一部は、スミス研究の不朽の名著として『アダム・スミス市民社会体系』(1974)という題名で刊行されている。戦後『社会科学人間革命』(1948)を刊行し、社会科学的ヒューマニズムの運動を積極的に推進した。その後も活発な執筆活動を続け、ライフワーク『生産力の理論』の執筆に取り組んだ。「高島学派」といわれるほど多くの門下生を社会科学界に送り出した。[長田五郎]
『高島善哉著『社会科学入門』『アダム・スミス』(岩波新書) ▽高島善哉著『社会科学の再建』(1981・新評論) ▽高島善哉著『自ら墓標を建つ』(1984・秋山書房) ▽高島善哉著『人間・風土と社会科学』(1985・秋山書房) ▽高島善哉著『時代に挑む社会科学』(1986・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島善哉の関連キーワード杉本栄一赤松要遊部久蔵久保田明光末永茂喜杉山清住谷悦治関根友彦馬場正雄室田武

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone